DMM.com
文豪とアルケミスト

世界観

こかの時点で違う歴史を歩み始めた日本。近代風情が長く続くこの世界では、多様な思想を生み出す文学書が人々に個性と意志を与えてきた。しかし―突如、文学書が全項黒く染まってしまう異常現象が発生、次第にそれらの文学書は、最初から無かったかのように人々の記憶からも奪われ始める。それは負の感情から生まれた「本の中の世界を破壊する侵蝕者」によりもたらされた災禍だった。それに対処するべく、特殊能力者“アルケミスト”と呼ばれる者が国の図書の全てを扱う国定図書館に派遣された。彼らは特務司書として文学書を守るため、文学の持つ力を知る文豪を転生、彼等の力を使い侵蝕者達を追伐する。

キーワード

  • 【アルケミスト】

    不思議な力を持った者。
    任務遂行のため能力をつかって人を転生させることが可能だが、転生には特別な資材が必要となる。

  • 【文豪】

    アルケミストの能力によってこの世界に転生した近代の文学者。
    刀や銃などの武器を扱える力を持っているが、戦う意志に個人差がある。

動画

  • 【PV 第1弾】

PCブラウザにて配信中!